ウォーターサーバーの仕組み

ウォーターサーバーの仕組み 近年、家庭用のウォーターサーバーの需要が高まり、一般家庭にも徐々に普及しつつあります。家庭にも浸透している理由は様々なメリットによるものですが、まだ利用していない人にとってはメリットが分かりづらく、利用する際の仕組みについても知らないという人も多いです。我が家には必要ない、と決めつけてしまう前に、一度ウォーターサーバーについて理解を深めてみてはいかがでしょうか。

ウォーターサーバーというのは、専用のボトルに入った水と、サーバーがセットになっているものです。サーバーには温度調節機能がついている場合もあるため、ポットの役割を兼ねることも可能です。水は水道水ではなく、浄水処理を行った水やミネラルウォーター、温泉水など業者によって様々です。週に1回、月に1回などあらかじめ決めておいた周期ごとに新しい水が届くため、買いに行ったり注文をする必要がないという特徴があり、途中でペースを変えることも可能です。

使う分の水は購入することになりますが、サーバー本体はレンタルという業者がほとんどです。レンタル代金は有料の場合もあれば無料のケースもあります。メンテナンスや故障した際の修理対応などは業者により様々ですが、基本的には業者が全て行うので、使用者は必要に応じて料金を支払うだけです。レンタル期間が決まっていますが、合わなければ途中で解約するか、契約の更新を行わなければ良いので、初めて使う人にはレンタルが向いています。

レンタルではなく購入するタイプのウォーターサーバーもあり、こちらの場合は水は自分で好きなものを用意することもできます。水にこだわりたいという人はもちろん、水道水や浄水器の水でも良いけどサーバーが欲しいという人に向いています。レンタルの場合は最低でも数カ月に1回というように、水の購入にノルマがあることがほとんどなので、一人暮らしや卓上サーバーなど、使用量が少ない場合は購入した方がコストが安くなることもあります。ただ、メンテナンスや故障した時の対応は全て自分で行う必要があるため、購入する際にはその点も含めて検討しましょう。

ウォーターサーバーを導入する場合、知っておいた方が良いのが引越すことになった時の対応です。購入かレンタルか、引越し先が遠いかどうかなどによって、サーバーをどうしたら良いか変わってきます。どのように対応すれば良いのかは業者によって多少違いはありますが、一般的なケースについて説明します。

最新ニュース