ウォーターサーバーを持って引越し

引越しの際、家電製品などと同じように、現在使っているウォーターサーバーをそのまま持っていくということは可能です。自分でウォーターサーバーを購入している場合は、もちろんそのまま新居に持っていくことになります。レンタルの場合も、場合によってはそのまま使い続けることもできます。

サーバー内の水を出す水抜きを行わなかったり、運ぶ際に衝撃を受けると故障することもあるため、大きなサイズのウォーターサーバーの場合は、事前に引越し業者に相談した方が安心です。レンタルの場合は、移動の際に破損して故障などのトラブルが起きると、修理代金が自費になることもあるので、どのような契約になっているのか確認しておきましょう。また水の配達先が変わることになるため、早めに業者に引越しの連絡をする必要があります。

自分が購入したウォーターサーバーが不要になり、新居には運ばずに処分したいという場合には、粗大ごみとして自治体指定の方法で処分する必要があります。引越し業者の不用品回収やリサイクルショップなどで引き取ってもらえることもあるので、問い合わせてみると良いかもしれません。自分で水を用意するタイプのウォーターサーバーであれば、知人や近所の人に譲ることも可能です。